安全の取り組み

安全方針

  1. 輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く自覚し、その実現のため主導的な役割を果たします。
  2. 全社員に対し法令と社内規律の遵守と安全最優先の基本作業の原則の徹底に努めます。
  3. 輸送の安全に関する目標・計画を定め、全社員に輸送安全マネジメント取組み方針を周知し、全社の安全の確保を図ります。
  4. 輸送の安全に関する情報を公表します。

 

輸送の安全に関する目標

安全方針に基づく重点目標
  1. 運転事故防止を最重点課題とし、運転事故ゼロを目標とする。
  2. 運転事故再発防止への教育・指導として、事故防止研修会、事故惹起者に対する面談を行う。
  3. 初任運転者、高齢運転者に対する教育・指導を行う。
  4. 運転事故ゼロ運動を年4回実施する。
目標達成のための計画
  1. 運行管理者は日々の運行前・中間点呼・運行後点呼執行時に安全運行への具体的な指示・指導を行う。
  2. ドライバーは乗務前、乗務後点検の確実な実施、運行中の速度超過、酒気帯び運転、連続運転および過積載等の違反を無くす。
  3. モラルの向上として、ライトオン走行の実施に努め、運転中の飲食・喫煙等は慎む。
  4. 「社内ルール、マナーを守る運動」および「運転事故ゼロ運動」を実施する。
わが社における安全に関する情報交換方法
  1. 各事業所では毎月開催の定例事故防止会議の中で運転者と意見交換を行う。
  2. 定期的にドライバーとの個人面談を行う。
  3. 労使による事故防止対策委員会を開催して意見交換を行い、事故防止対策や運動を一体となって展開する。

運転技能競技会

当社では、プロドライバーとしての社会的責任を自覚させ、順法精神と安全意識を高めるとともに運転技能と整備点検技術の向上を図り、交通事故を防止する為、例年「運転技能競技大会」を実施しております。

運転無事故表彰

安全に対する取組みとして、当社では運転無事故のドライバーに対し、「運転無事故表彰」を実施しております。例年、これまで積み重ねた連続運転無事故記録に対し直接表彰しております。